石鹸洗顔が良い理由

固形石鹸は肌にやさしい洗顔料

皮膚科の医師もすすめる固形石鹸洗顔

皮膚科医洗顔は、固形石鹸?
それとも、洗顔フォーム?

あなたは、固形石鹸で顔を洗うことについて、こんなイメージを持っていませんか?

  • 「石鹸洗顔は肌がつっぱるからイヤ。」
  • 「アルカリ性の石鹸は肌にダメージを与える。」
  • 「石鹸で顔を洗うなんておじさんのすること。」

肌トラブルなどで病院へ駆け込むと、医師から

  • 「洗顔フォームは止めて、石鹸で顔を洗ってください。」
  • 「ボディソープは止めて、石鹸で体を洗ってください。」

など、とにかく洗浄剤は石鹸を使うように勧められることが多いと思いますが、肌の専門家である皮膚科医は、どうして固形石鹸の使用を勧めるのでしょうか?

その理由は・・・、固形の石鹸は、肌に優しいからです。

固形石鹸の泡は水の粒子をつかまえる力が弱いため、洗顔後、肌に洗浄成分を残さないという性質を持っています。顔が突っ張ったように感じますが、これは汚れが落ちた証拠であり、合成界面活性剤のように肌表皮の壁を破壊する危険性はありません。

「肌の汚れだけを洗い、角質層のバリア機能を奪いすぎない。」これが、固形石鹸を使った洗顔を皮膚科の医師の多くが勧める理由です。

もちろん、固形の洗顔石鹸だったら何でもよいということではありません。「固形石鹸」と一口に言っても、成分、 製法など様々。本当に肌に良い洗顔石鹸を選ぶことは簡単とはいえません。しかし、洗顔石鹸の場合は、成分が限られていますから、正しい情報を入手し、あなたの肌のために良い石鹸を選んで下さいね。

石鹸の選び方はこちら >>>

石鹸洗顔が良い訳

弱アルカリ石鹸は肌を活性させる

ご存知のように、肌はもともと弱酸性です。しかし、石鹸で顔を洗った後にアルカリ性に傾いても、30分くらいすれば肌から分泌される汗や皮脂で肌は弱酸性に戻る力を持っています。それが「アルカリ中和能」と呼ばれる肌の力なのです。

弱アルカリ性の固形石鹸で洗顔、と聞くとどうしても・・・
「刺激が強すぎるのでは?」
「肌をいじめることになるのでは?」

と思う方が多いようです。

あなたは、石鹸で顔を洗った後のツッパリ感は、肌に大事な皮脂を根こそぎ落とされてツッパッていると思っていませんか?たしかに、固形石鹸で洗顔したあとは一時的にツッパリを感じることがありますが、それは、 洗顔後も石鹸成分が肌の上に残り薄い被膜となるためです。肌に残った薄い石鹸の膜は、皮脂の分泌を促し、健康な肌のサイクルに一役かっているのです。実は・・・、石鹸で顔を洗った後の、肌のツッパリというのは、むしろ肌を守っているのです。

弱アルカリ石鹸は美肌を作る

美人の湯も弱アルカリ性

アルカリ性の石鹸で洗顔後、肌が一時的にアルカリ性に傾くことは決して悪いことではありません。弱アルカリ性の石鹸で老化した角質上層部が取り除かれることで、肌のやわらかみが増し、ツルツルスベスベの肌に整える働きをします。美肌をつくることで知られる「日本三大美人の湯」 龍神温泉(和歌山)、川中温泉(群馬)、湯の川温泉(島根)はいずれも弱アルカリ性で、ツルツルスベスベ肌になる温泉で有名です。

こうしてみれば、弱アルカリ性の固形石鹸で洗顔することが肌に悪い、という考え方がいかに見当はずれなものかおわかりいただけるのではないでしょうか。

排気ガスやほこり、酸化した皮脂やメイクなど、肌に悪影響のあるものを弱アルカリ性の固形石鹸でしっかり洗い落とすことで、肌が本来持っている自ら美しくなろうとする力を引き出し、あなたの肌を美しくしていくのです。

2019/06/14