エデト酸塩とは

2021/02/08

石鹸専門用語「エデト酸塩」について

エデト酸塩は、「キレート剤」「金属封鎖剤」と呼ばれている成分のことです。

エデト酸塩には、石鹸の変色を防ぐ酸化防止剤としての働きと、泡立ちを良くする働きのある成分です。

石鹸カスを防ぐエデト酸塩

水道水にはマグネシウムやカルシウムなどの金属が含まれていて、石鹸と結合し石鹸カスとなります。

石鹸カスになってしまっては洗浄力が低下してしまうので、水道水の金属分を排除し、軟水化して泡立ちを良くして、洗浄効果を安定させるのがエデト酸塩の役割となります。

エデト酸塩のなかでも、石鹸には水に溶けやすいEDTA-4Naがよく使われていますが、エデト酸塩は経口毒性や水生生物への毒性が懸念される成分と言われています。

-石鹸用語集

最速発送!
平日午後3時までにご注文いただいた商品につきましては当日発送させていただきます。
全国どこでも
72時間以内にお届けします。
(離島を除く)