洗顔料は弱酸性の方が肌に優しいのですか?

お客様からのご質問にお答えします

洗顔料の肌への優しさは、酸性やアルカリ性のPH値だけの問題ではありませんので、弱酸性にこだわる必要はありません。

たとえ、石鹸で洗顔した後、一時的に肌のPH値がアルカリ性になっても、肌は自然に弱酸性に戻り、雑菌の侵入や増殖を防いでくれます。

「肌に優しい弱酸性の洗顔料」の問題点

人間の肌はもともと弱酸性に保たれているので、
顔を洗う時も弱酸性の洗顔料を使った方が肌に優しい、
という考えだと思います。

しかし、酸化した皮脂の汚れなどを、弱酸性の洗顔料で落とすことはできませんので、
「弱酸性の洗顔料」には、合成界面活性剤が使われることになります。

合成界面活性剤が使われている洗顔料が肌に優しいと言えるでしょうか?
合成界面活性剤は、しっかりすすいだつもりでも肌に残ってしまいます。

肌に優しいアルカリ性の洗顔料

一方、石鹸は弱アルカリ性という性質で酸化した皮脂汚れなどを落とす洗顔料です。
洗顔後、一時的に肌がアルカリ性に傾いても弱酸性に戻り雑菌の増殖などから肌を守ってくれます。
また、石鹸は、洗顔してすすげば、肌に界面活性剤が残ることのない唯一の洗顔料です。

-よくあるご質問

最速発送!
平日午後3時までにご注文いただいた商品につきましては当日発送させていただきます。
全国どこでも
72時間以内にお届けします。
(離島を除く)