シアバター(shea butter)とは

石鹸専門用語「シアバター」について

シアバターとは、シアの木の果肉の中のシアナッツと呼ばれる種子の胚から採れる天然の植物油脂。
常温では固体で、融点は約35℃。体温で溶けるので植物性油脂ながらバターと呼ばれています。

シアバターの木はガーナやナイジェリアなど降水量の少ないアフリカ中央に自生し、3年に一度しか実をつけないため貴重な油脂源となっています。シアの木が生息している地域では食用以外に、傷や火傷の治療薬や日焼け止めとしても使われています。

シアバターを石鹸の材料として使った場合、飽和脂肪酸のステアリン酸が多く含まれていますので、酸化しにくいしっとりタイプの固い石鹸となりますが、冷水では泡立ちが悪くなりますので、気泡力のある脂肪酸をプラスする必要があるでしょう。

-石鹸用語集

最速発送!
平日午後3時までにご注文いただいた商品につきましては当日発送させていただきます。
全国どこでも
72時間以内にお届けします。
(離島を除く)