インフューズドオイルとは

石鹸専門用語「インフューズドオイル」について

インフューズド(infused)とは「浸出された」という意味。
インフューズドオイルとは、オイルにハーブを漬け込み、ハーブの有効成分を抽出したもので、浸出油やハーブオイルとも呼ばれています。

ハーブには様々な利用方法がありますが石鹸にも使われることがあります。
お湯で抽出することのできないハーブの脂溶性成分を、オイルに漬け込むことで抽出したものがインフューズドオイルです。石鹸に自然な色や香りをつけることができます。

インフューズドオイルの作り方

インフューズドオイルに適したオイルは、ホホバオイルやオリーブオイルなどの酸化しにくい癖のないオイルが向いています。

インフューズドオイルの作り方には、「冷浸法」と、湯煎で温めて作る「温浸法」の2種類あり、
前者はハーブの葉や花などの柔らかい部位に、後者は果実や茎などを使う場合に適しています。

使用するハーブですが、生の場合、ハーブから水分が出て腐敗の原因になりますので、ドライハーブの方が失敗なく作れます。

インフューズドオイルを作るときの注意点

オイルは光にあてると劣化しやすいので、光が入らないよう遮光容器を使うか、
光が入らないように黒い紙や布で瓶を覆うと良いでしょう。

-石鹸用語集

最速発送!
平日午後3時までにご注文いただいた商品につきましては当日発送させていただきます。
全国どこでも
72時間以内にお届けします。
(離島を除く)