脂肪酸カリウムとは

2016/09/14

石鹸専門用語「脂肪酸カリウム」について

石鹸は、固形(ナトリウム石鹸)とカリウム石鹸(カリ石鹸)に分けられますが、脂肪酸カリウムとは、液体の純石鹸のことを言います。液体の純石鹸ですので、石鹸シャンプーやボディーソープということになります。

同じ純石鹸でも固形のナトリウム石鹸と液体のカリウム石鹸では、原料に違いがあります。
固形石鹸は脂肪酸(油脂)と水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を混ぜて化学反応させたもの。
それに対し、液体の純石鹸は脂肪酸(油脂)に水酸化カリウム(苛性カリ)を化学反応させたものです。

水酸化カリウム(苛性カリ)というアルカリ成分と脂肪酸(油脂)が化学反応して出来上がったものが脂肪酸カリウムという水溶性の高いジェル状の石鹸です。
台所用の液体石鹸に「脂肪酸カリウム30%」などと成分表に書いてある理由は、濃度をあまり上げると固まってしまうので、水で薄めているためです。

成分表に「カリ石鹸素地」と書いてある石鹸を目にすることがありますが、
「カリ石鹸素地」とは脂肪酸カリウムの化粧石鹸の成分名です。

「カリ石鹸素地とは」ページはこちら >>>

-石鹸用語集

最速発送!
平日午後3時までにご注文いただいた商品につきましては当日発送させていただきます。
全国どこでも
72時間以内にお届けします。
(離島を除く)