石鹸素地

石鹸の良し悪しを決める「石鹸素地」

無添加の石鹸素地合成の石鹸や洗剤を除き、石鹸の成分表を見てみると一番最初に、この「石鹸素地」なるものが表示されています。

石鹸素地とは

この「石鹸素地」とは・・・
何かと言いますと、油脂と苛性ソーダなどのアルカリ成分との化学反応(鹸化)によって出来上がった成分のことです。

石鹸素地の原料

そもそも石鹸素地の原料は色々あります。
牛脂などの動物性油脂や、オリーブオイル・ココナッツオイルなどの植物油脂まで様々な油脂が石鹸素地の原料として使われているのです。
 
極端な話ですが・・・
油脂であれば、バターだろうが、てんぷら油だろうが、石鹸素地を作ることができるのです。
 
ということは・・・
酸化した油でも石鹸素地は作れるので、臭いをごまかすための合成香料を添加すれば化粧石鹸になってしまうのです。
また、スキンケア効果を持つわけではない安価な油脂を原料に石鹸素地を作り、そこにスキンケア効果を持ったオイルをほんの数%加えただけの「過脂肪石鹸」という商品も存在するようです。

石鹸素地が石鹸の品質を決める

「石鹸素地なんてどれも同じ。」などと軽視されている感は否めません。
 
石鹸素地の原料と品質、そして石鹸素地の作り方が石鹸の良し悪しを決定する重要な要素となるのです。石鹸素地の品質によって肌へのやさしさとスキンケア効果の違う石鹸になってしまうことがあります。

もし、あなたが、ほんとうに肌に良い上質な無添加洗顔石鹸をお探しならば・・・
しっかり石鹸素地の成分と、その製法まで厳しくチェックしてくださいね。
 
品質に自信のあるこだわりの無添加石鹸ならば・・・、
素地にもこだわりがあるはずですから。

プレミアム・フェイシャルソープの石鹸素地

無添加スキンケア専門化粧品ジェンティールが作った無添加石鹸「プレミアム・フェイシャルソープ」の石鹸素地の原料は、一番搾りの天然の植物オイルのみ。オリーブオイル・茶実油・ココナッツオイルから素地は作られています。
 
また、石鹸素地に使われる添加物は、 薬事法で表示しなくてもいい事になっていますが・・・
「プレミアム・フェイシャルソープ」は、石鹸素地の段階から無添加。

  • 酸化防止剤
  • 合成界面活性剤
  • 防腐剤
  • 鉱物油
  • アルコール(エタノール)
  • 合成香料
  • 着色料
  • 起泡剤(発泡剤)
  • 金属封鎖剤
  • 加水分解コムギ

などの合成科学成分は一切使用しておりません。
正真正銘 完全無添加の洗顔石鹸です。

スキンケア効果の高い天然の植物無添加オイルだけを使い、100%反応させて石鹸にしてしまわないようにアルカリ成分の分量を少なくしておりますので、天然植物オイルのうちの約15%とオイルに含まれている天然のグリセリンが保湿成分として、石鹸素地の中にしっかり溶け込んでいます。
 
そのまま肌に塗るぐらいのスキンケア効果の高い良質の天然植物オイルと天然のグリセリンが溶け込んだ石鹸素地を使うことにより、天然植物オイルの性質を取り入れた石鹸のスキンケア効果はさらにアップし肌へのやさしさがぐんと違ってくるのです。
 
その代わり、液状オイルが変化しながら出来上がりの石鹸に溶け込んでいることで、柔らかさも、もう一段アップするということになりますのでご注意ください。

石鹸素地の原料

オリーブ油

石鹸素地の原料オリーブオイルオレイン酸とスクワレン効果で「保湿の王様」数多い植物性オイルの中でほとんど唯一、皮脂を構成している大事な保湿成分であるスクワレンを豊富に含むということが、オリーブオイルの最大の特徴と言えるでしょう。
また、全脂肪酸のうち、肌を潤す大事な成分となる「オレイン酸」を70%以上も含んでいて、そのために、濃厚で豊かな保湿力を持っています。
オリーブには、実に含まれる油を酸化させないために、抗酸化物質であるポリフェノールがたっぷりと含まれており、紫外線を良く吸収するため、肌に直接当たる紫外線の量を減らす効果も知られています。

 

 

茶実油

石鹸素地の原料茶実油茶実油はその名のごとく、お茶の実を搾ってつくられる天然植物オイル。
オリーブオイルよりも多くのオレイン酸(不飽和脂肪酸)を含み、古来中国では"不老長寿の秘薬"とされ、王朝貴族しか入手できなかったほど非常に高価で希少なオイルです。
サポニン・カテキン・ビタミンE(トコフェノール)・ビタミンAを豊富に含んでいますので抗酸化作用も高く、老化防止・アンチエイジングの期待も出来ます。
まさにコールドプロセス無添加石鹸の素地作りになくてはならないオイルなのです。

 

 

ココナッツ油

石鹸素地の原料ココナッツ油ココナッツオイルの成分は90%が飽和脂肪酸。
さらに、母乳成分のラウリン酸・ビタミンEが豊富に含まれているため、酸化安定性が高く、品質の劣化がほとんどありません。
また、分子構造が非常に細かい中鎖脂肪酸なので肌になじみやすく、保湿効果も高いのが特徴。
炎症を抑える効果があるため、南国では古くから火傷やケガをした時にココナッツオイルを塗る習慣があります。
また、ココナッツオイルは約20%紫外線をカットする能力があるためサンオイルの原料としても使われている植物オイルです。

2016/08/09