石鹸シャンプーがおすすめ

石鹸で髪を洗うメリット

合成シャンプーではなく、石鹸で髪を洗うメリットは色々ありますが、
まとめますと・・・、

  • 合成シャンプーに比べて洗いすぎの心配がない。
  • 頭皮は傷まないし、髪にもそう悪影響はない。
  • 合成シャンプーによく含まれているシリコンが無添加。

というのが、石鹸シャンプーが良い理由です。

薄毛・抜け毛対策に石鹸シャンプー

石鹸シャンプー美しい髪には健やかな頭皮が不可欠。
美しい髪を育むのは頭皮の奥にある毛根部。

頭皮にある毛穴が過剰な皮脂や汚れなどで詰まっていると、細くて弱々しい髪の毛が生え、抜け毛や枝毛を招いてしまいます。だから、髪と頭皮を洗うことは必要なのです。
しかし、頭皮にトラブルを持つ人が7割を越す、というデータがあります。

頭皮トラブルの原因は・・・
合成界面活性剤の入った洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーなどによる洗いすぎが原因と考えられています。

髪の洗い過ぎによる問題点は・・・
頭皮の角質を剥がし過ぎること。

洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーなどを使い続けると・・・
角質が剥がれ落ちた頭皮は乾燥から肌を守ろうとして水分の蒸発を抑えようとします。
角質はどんどん厚くなり、皮脂量は増していくのです。
また、合成シャンプーに含まれるシリコンが頭皮の毛穴をふさいでしまう恐れもあります。

洗いすぎの心配のない石鹸シャンプーは、頭皮も髪も健康にしてくれるのです。

使用感は合成シャンプーよりも劣る

でも、石鹸シャンプーって、抵抗ありますよね。初めて石鹸シャンプーを使った人は、普通のシャンプーとあまりに違うことに驚かされるはずです。

  • アルカリ性の石鹸シャンプーは髪が痛みそう。
  • どんな石鹸シャンプーを使っても髪はキシキシする。
  • 石鹸シャンプーを使うとフケが出やすくなる。

など。
確かに、石鹸シャンプーの使い心地は合成シャンプーに比べて良いとは言えません。
その理由は・・・
ほとんどの石鹸シャンプーは、泡立ちを優先して原料のオイルを選んでいるから。

泡立ちを優先して作られた石鹸シャンプーは、洗い上りの髪がキシキシとした「きつい」シャンプーに仕上がってしまってしまうのです。

キシキシしない固形石鹸シャンプーのページはこちら >>>

石鹸シャンプーでフケが出る理由と解消法

合成シャンプーから石鹸シャンプーに切り替えてすぐ「フケがでる」という方がいます。
これは、フケではなく合成シャンプーで傷んでいた頭皮の角質がはがれ落ちたもの。

個人差がずいぶんあるようですが・・・
確かに、石鹸シャンプーに変えて最初の数日から一週間は角質がはがれ落ちてフケがでているように思われますが、頭皮が回復するとフケのような角質の剥がれはおさまります。

ある程度の期間を過ぎても白いものがフケのように髪に混じるようであれば、それはフケではなく、石鹸カスが髪に残っていると考えられますので、次のことに注意をしてみてください。

  • シャンプー後はよくすすぐ。
  • 使う石鹸シャンプーの量を少なめにしてみる。
  • シャンプー後のリンス(酢やクエン酸)の量を多めにしてみる。

以上3点を見直してコツがわかればフケはおさまるはずです。

合成シャンプーに含まれるシリコンに注意

石鹸シャンプーとは違い、市販の合成シャンプーには髪の毛の指通りを良くし、ツヤを出すためにシリコンが入っています。

このシリコンという成分はかなりしつこい成分。
シャンプーした後、良く髪をすすいだつもりでも別の場所にくっついて、体に残っている事があります。
この合成シャンプーに含まれるシリコンが原因で頭皮や背中・首筋にニキビが出来ている人も多いようです。

顔のニキビも合成シャンプーに含まれているシリコンが原因、という人もいるようで、石鹸シャンプーに変えたら肌トラブルが改善されたというケースも珍しくありません。

お顔のお手入れには熱心でも、頭皮や髪のケアには意外と無頓着な方が多いのですが、頭皮はお顔と1枚皮で繋がっています。
頭皮もお顔同様、石鹸シャンプーでケアしましょう!

2016/08/09