正しい洗顔方法

良い洗顔の仕方と順番

洗顔はスキンケアの要。
だから、間違った洗顔方法は見直してください。
正しい洗顔の仕方と順番を実践し、健康で美しい素肌を手に入れてください。

洗顔が大切な理由

正しい洗顔の仕方一日の終わり、その日の汚れは、顔の上からきれいに洗い流されていなければなりません。

顔についている汚れといっても・・・
化粧品やほこり、排気ガスなど、外からの汚れだけではありせん。
肌のためにと分泌した汗や皮脂も、一日の終わりには空気に触れて酸化し汚れとなります。

顔の汚れをそのまま放っておくと・・・
今度は逆に肌に負担をかけることになってしまうのです。

一日の大事な役目を終え、空気に触れて酸化した古い皮脂を洗い流すことで、肌を守るための新鮮な皮脂成分が、また新たに分泌されて、健康な肌を取り戻すことができるのです。

正しい洗顔方法を身につけよう

ところで、洗顔方法って色々なんだなぁ、って思ったことはありませんか?

お友達と旅行に行ったりすると・・・
冷水でバシャバシャと洗顔する人。
洗顔フォームをたっぷり使って顔を洗う人。
ゴシゴシ力強く洗顔する人。
間違った洗顔方法では充分な洗浄効果が得られません。
それに、洗顔の仕方や順番の違いでスキンケア効果も違ってくるのです。

あなたは、本当に正しい洗顔方法を知っていましたか?
ぜひ、この機会に正しい洗顔の仕方と順番を身につけてください。

顔を洗う前に

正しく洗顔している女性洗顔の前に洗髪を済ませておくのは、もうお分かりですよね。
洗髪することで合成シャンプーやコンディショナーに含まれているシリコンやポリマーなどが顔につくからです。

せっかく正しい洗顔方法を実践したとしても台無しになってしまいます。

また、毛穴が狭いと、毛穴に詰まった汚れが外に出にくい状態となり、汚れがなかなか外に出てきません。

夜、お風呂で洗顔という場合は、湯船につかっていると自然に毛穴が開いてきます。

準備が整ったら、さぁ洗顔!

本当に正しい洗顔方法

洗顔料を手に取り、よく泡立てます。
泡をお顔に乗せます。
やさしく、やさしく顔を洗ってください。
洗顔ブラシ、洗顔用パフなどを使った、こすり洗いはぜったい使用しないでください。

お風呂の中のような高温多湿の環境では、肌の角質は無防備な状態。
ゴシゴシこすってしまうと、角質が削り取られてお肌を痛めてしまいます。

「手で洗う」というより「泡で洗う」というイメージが正しいですね。

十分にぬるま湯ですすいで洗い流します。
「何で、ぬるま湯?」とお思いの方もいらっしゃると思いますが・・・
冷たい水で流すと毛穴が一瞬でしまり、汚れを毛穴の中に残してしまう可能性があるからです。

洗い残しがあると・・・
洗浄剤に含まれる合成界面活性剤がタンパク質に結合して、タンパク質の変性を起こしてしまい炎症などの皮膚トラブルを引き起こしてしまいますので十分にすすいで洗い流しましょう。

すすぐ時の、お湯の温度ですが・・・
体温よりもやや低めが適温とされております。
熱いお湯でのすすぎ洗いは必要以上に皮脂を奪い去ってしまいますのでご注意ください。

間違った洗顔方法は肌トラブルの元

勢いよく力強くゴシゴシグルグル顔を洗っていませんか?
これでは、せっかく泡立てた洗顔料もクッションの役目を果たすことができません。

このような間違った洗顔方法を続けていると・・・
必要な皮脂を奪われてしまうだけでなく、強い刺激によって、皮膚の弾性繊維が伸びてしまうのか、皮膚をたるませ、シワの原因にもなるようです。

洗顔時の指の動きにそって、ソバカス状のシミができることもあります。

やはり洗顔の仕方と順番は大切なんですね。

「間違った洗顔方法」を見直し、「正しい洗顔方法」を実践して美肌を手に入れてください。

洗顔後の注意点

正しい洗顔方法を実践しているのに 意外と忘れる方が多いのが・・・
洗顔後、タオルで拭く時。

顔をゴシゴシ拭いてしまう癖がありませんか?
洗顔直後の肌は大変敏感なため、角質が剥がれやすくなっています。
顔を拭くときも優しく押さえるように行いましょう。

2016/08/28