合成界面活性剤無添加

プレミアム・フェイシャルソープは界面活性剤不使用

合成界面活性剤無添加の洗顔石鹸肌のバリア機能を破壊し、乾燥・敏感などの肌トラブルを引き起こす合成化学成分、それが、合成界面活性剤ですが・・・

無添加スキンケア専門化粧品ジェンティールが作った無添加洗顔石鹸「プレミアム・フェイシャルソープ」には合成界面活性剤は使用されておりませんので感動肌、敏感肌、アトピー肌の方も安心してお使いになれます。

アミノ酸系界面活性剤も不使用

よく、「石油系合成界面活性剤は使用しておりません。」「アミノ酸系合成界面活性剤使用」などと書いてある洗顔石鹸を見かけますよね。

「アミノ酸系界面活性剤」と書いてあると・・・
「石油由来じゃないから良さそう。」と思れあるかもしれませんが、あくまでもそれはイメージの問題。
植物由来でも石油由来でも、合成界面活性剤としての性質に変わりはないのです。

ジェンティール化粧品の無添加洗顔石鹸「プレミアム・フェイシャルソープ」には石油系もアミノ酸系も界面活性剤は一切使用しておりません。

合成界面活性剤無添加の理由

美容意識の高いあなたが『できるだけ避けたい成分』と思うものは、合成界面活性剤ではないでしょうか。

合成界面活性剤が何より怖い一番の理由は・・・

合成界面活性剤の乳化作用により、美しく健康な肌にとって最も大切な肌のバリア機能が壊されること。

ご存じのように、本来、肌には自然のバリア機能があり、外部からの刺激から肌を守り、異物をはねかえす力を持っています。

しかし、合成界面活性剤は油でできている皮脂膜となじんで膜を緩め、その下の角質層にあるセラミドなどの細胞間脂質を溶かして肌のバリアを破壊します。

すると・・・
肌にとっては不必要な異物がバリアを破って体内に入り込む「経皮毒」の可能性も出てきます。

肌のバリアゾーンを破って肌の中に入った異物は・・・
解毒されにくい性質があるので、経皮吸収された化学物質は血液にのって体内をかけめぐり、今度は臓器に害を与えたり、毎日少しずつ、体内に蓄積される可能性があり、これが限界値を超えて化学物質過敏症になる人も近年増えています。

肌トラブルを引き起こす合成界面活性剤

合成界面活性剤には、本来肌に必要なはずの最高の天然クリーム「皮脂」をごっそりと取り去ってしまう性質もあります。
そのため、使用後に肌がかさつき、またその上に合成界面活性剤入りの乳液・クリームをつけるという悪循環が生まれてしまうのです。

本来肌が持っている力を引き出すことが、スキンケア化粧品の役割のはず。
必要な最高の天然クリーム「皮脂」がなくなると、肌のバリア機能も衰えてしまい慢性的な乾燥肌や、敏感肌を引き起こします。

乾燥肌・敏感肌・トラブル肌の原因は化粧品が原因かもしれない、とはこのような理由からです。

特に避けたい合成界面活性剤

ラウリル硫酸Na ラウレル硫酸Na スルホン酸Na ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩 キシレンスルホン酸アンモニウム パレスー3硫酸Na パレスー3硫酸アンモニウム ラウレル硫酸アンモニウム セチル硫酸Na ラウリルエーテル硫酸Na ラウレル硫酸トリエタノールアミン(TEA) アルキルペンゼンスルホン酸Na(ABS) など

2016/08/13