実践!固形石鹸シャンプー

固形石鹸で髪を洗ってみましょう

固形石鹸シャンプー

これから紹介する石鹸シャンプーとは、液体の石鹸シャンプーではなく、
無添加の固形洗顔石鹸「プレミアム・フェイシャルソープ」を使った髪の洗い方とリンスの仕方です。

固形石鹸で洗髪するのが良い理由

世の中には石鹸シャンプーという商品も存在しますが・・・
液体の石鹸シャンプーは、どうしても水が加わって、純石鹸分が少なくなります。

それでも誰でもが満足するような泡立ちの良い液体石鹸シャンプーにしようとすると、洗い上がりがキシキシする「きつい」シャンプーになってしまうわけなんです。

その点、上質な無添加の固形石鹸なら天然の潤い成分や原料の植物オイルが残っているため、髪のキシキシ感が少ないのです。もちろんノンシリコンですから頭皮の毛穴をふさぐ心配もありません。

上質な無添加の固形石鹸は髪にも頭皮にもやさしいのです。

固形石鹸シャンプー体験談はこちら >>>

固形石鹸シャンプーのやり方

固形石鹸でシャンプーすると言っても、特別なことは何もありません。
わざわざ固形石鹸を泡立てネットで泡立てる必要はないのです。

十分に濡らした髪の毛に・・・
直接固形石鹸をあて、クルクルと数回まわします。
この後、頭皮を軽くマッサージするように洗髪します。

モコモコの泡が立つことに驚くと思います。
市販の合成シャンプーや液体石鹸シャンプーでは得られない、なめらかな泡立ちがあり、泡のきめもとても細かいので汚れもしっかり洗い落としてくれます。

石鹸を洗い流すとき、多少きしみが気になるかもしれませんが、使い続けていくうちに、きしみも感じなくなります。

市販の合成シャンプー・リンスから、無添加固形石鹸を使った石けんシャンプーに切り替えたばかりの頃は、髪の毛に多少のきしみやゴワつきが出ます。

これまで使っていた市販のシャンプー・リンスが髪の毛に残っているのも原因の一つです。

この無添加固形石鹸でシャンプーしていくうちにゴワつきもなくなり、健康でサラサラの髪の毛を手に入れることができます。

固形石鹸シャンプー後は酸性のリンスで中和

固形石鹸でシャンプーした後のリンスの目的は、一時的にアルカリに傾いた髪を中和させること。

石鹸を使うと、多少なりとも石鹸カスが頭皮や髪に残ります。
アルカリ性に傾いた髪のph値を酸性の酢で中和させ、お湯ですすいだだけでは残ってしまう石鹸カスをきれいに落とし、髪をやわらかくふんわり仕上げるのがその目的なのです。

リンスの仕方は・・・
固形石鹸で髪を洗ったあと、洗面器一杯ぐらいのお湯に、髪の長さや量によって、さかずき2、3杯の酢をいれたもので髪と頭皮をゆすぐだけ。

「酢」と聞くと・・・
「え~っ、そんなもの頭からかぶるなんて、においがするんじゃないの?」と心配する人もいらしゃいます。

酢のにおいがどうしてもいや、という人はレモンのしぼり汁がおすすめ。

リンス剤となる酢にも、りんご酢、フランボワーズ(きいちご)の酢など、いろいろな種類のものがあります。

石鹸シャンプー用オリジナルリンスの作り方

「せっかく、石鹸にこだわったんだから、リンスにだって同じようにもっとこだわりたい。」というあなたは・・・、 酢にハーブを漬け込んだり、エッセンシャルオイルを加えたりして、頭皮や髪そのものへの効果を加えながら、 香りをよくしたリンスを工夫してみてください。

材料は酢がベースですから、髪が傷むということがありませんし、ほんとうに経済的。
それに、酢に入れるハーブやエッセンスオイルでバリエーションを楽しめます。

肌にやさしいラベンダー、カモミールの消炎、皮膚の保護作用、ローズマリーの毛根刺激、ローズの収斂、保湿作用、ペパーミントのさっぱり感などがありますが、普通の日本の穀物酢のほうが、やさしく、すばやく、効果的にハーブの香りを移すことができるようです。

どうしても「酢に抵抗があるタイプ」のあなたにおすすめなのは・・・
エッセンシャルオイルで香りづけした酢リンス。

穀物酢1カップに対し、小さじ1杯のグリセリンを入れ(エッセンシャルオイルが分離するのを防ぐため)、あとは好みのエッセンシャルオイルを適量入れ数日寝かすだけ。

2017/01/12