石鹸シャンプーはパーマやヘアカラーがとれやすいのですか?

2017/03/13

お客様からのご質問にお答えします

カラーリングした髪を石鹸シャンプーで洗うと、色落ちが早まります。
また、パーマをかけた髪を石鹸でシャンプーするとパーマは早く緩みやすくなります。

その理由は、
カラーリングは髪をアルカリ性にして、キューティクルを開かせて髪の毛に染料を入れています。
パーマは髪をアルカリ性にして、キューティクルを開かせて薬剤を髪の毛に入れやすくしています。
アルカリ性の石鹸を使ってシャンプーすると一時的にキューティクルが開いてしまいますので、ヘアカラーをした髪から色が抜けたり、パーマが緩みやすくなったりします。

また、髪を覆う石鹸カス(金属石鹸)が原因でパーマがかかりにくくなったり、ヘアカラー剤が入りにくくなることも考えられますので、石鹸シャンプー後は、クエン酸リンスなどの酸性の液体を使って中和し、キューティクルを閉じ、石鹸カスを洗い流す必要があります。

ヘナでヘアカラー

アルカリ性のヘアカラーと石鹸シャンプーとの相性が悪いことはご理解いただけたと思いますが、石鹸で髪を洗いたい、でもヘアカラーをしたいという人にはヘナで髪を染めるのがおすすめです。

ヘナは、石鹸シャンプーとの相性は割合良く、トリートメント効果もありますので、石鹸シャンプー派の人でヘアカラーはヘナを使用している人は多いようです。

-よくあるご質問

最速発送!
平日午後3時までにご注文いただいた商品につきましては当日発送させていただきます。
全国どこでも
72時間以内にお届けします。
(離島を除く)