コールドプロセス製法

上質な石鹸の作り方

コールドプロセスで作られた石鹸

石鹸の作り方には、いくつかの種類がありますが・・・、
無添加スキンケア専門化粧品ジェンティールの「プレミアム・フェイシャルソープ」は、高品質な原材料の良さを壊さない石鹸の作り方「コールドプロセス製法」を採用しました。

スキンケア効果の高い無添加洗顔石鹸を作るために、高品質の植物オイルとアルカリの化学反応熱だけで作るコールドプロセス製法にこだわりました。

コールドプロセス製法にこだわる訳

残念ながら・・・
高品質な原料に美容効果の高い成分を配合し、無添加で石鹸を作ったとしても、「極上の無添加洗顔石鹸」とはならないのです。

料理に例えるなら、使う材料が同じでも、作り方によって出来上がった料理のおいしさは違いますよね。
石鹸も使う原料が同じでも、作り方によって肌に良い石鹸とそうでない石鹸になってしまうのです。

石鹸の作り方として・・・
市販されている安価な石鹸の製造方法である中和法や、油脂とアルカリを高温加熱して作るホットプロセス製法などはよく知られていますが、

コールドプロセス製法という石鹸の作り方は、高温で加熱するのではなく、原材料の油脂とアルカリ成分の科学反応熱だけで作られる製造難易度の高い製法です。

油脂とアルカリ成分を混ぜて火にかけると、あっという間に石鹸が出来上がってしまうのですが、高温で加熱して高品質の原料を劣化させてしまうのはもったいないことです。

コールドプロセス石鹸の良い点のまとめ

  • 熱を加えずに自然に熟成させるため石鹸の原材料の油脂が変質・酸化しない。
  • 植物オイルに含まれている天然の保湿成分グリセリンが石鹸の中にたっぷり入っている。
  • スキンケア効果の高い植物オイルの美容成分を石鹸に閉じこめることができる。
  • マイルドな使い心地の過脂肪(スーパーファット)にできる。

つまり、コールドプロセス製法とは原材料の良さを際立たせる上質な石鹸の作り方なのです。

コールドプロセスで作られた石鹸が少ない理由

コールドプロセス製法は上質な石鹸の作り方なのに、なぜ市販の石鹸にはあまり見られないのでしょうか?

実は・・・
コールドプロセス製法は、石鹸が出来上がるまでにかなり時間がかかるうえ、品質の管理が難しく、作り手が非常に少ないのです。
このため、大量に生産する場合などは、非常に経済効率が悪くなってしまうのです。

無添加石鹸「プレミアム・フェイシャルソープ」はコストに一切頓着せず、品質のみに重点を置き、無添加・手作りにこだわった極上の洗顔石鹸と言えるのです。

石鹸の作り方の紹介

ホット・プロセス製法(釜焚き製法)

混ぜ合わせた石鹸生地を加熱して鹸化を進めます。
数時間~数日で素早く鹸化を進めますが、 100℃以上の高温で数時間に渡って加工するので
熱に弱い成分に影響が出てしまいます。

コールドプロセス製法(冷製法)

石鹸の原料を混ぜ合わせた時に自然に発生する低温の熱を利用して鹸化を進め、 その後は熱を冷ましながら1ヶ月以上かけて石鹸を仕上げていきます。
これにより熱に弱い成分にも影響が出ず、保湿剤であるグリセリンや油脂の中に含まれている有効美容成分を残すことができます。
また、適度に油脂が残っているため、使い心地は市販の石鹸とは随分違ったものになります。
完成までに時間はかかりますが、古来から伝わる最もシンプルな石鹸の作り方です。

中和法

一般的に量産されている石鹸のほとんどがこれ。
中和法は油脂をあらかじめ脂肪酸とグリセリンに分解し、脂肪酸だけを使い短時間で製造します。
この方法では約3~4時間で石鹸が完成するので大量生産ができるのです。
グリセリンを含まないため洗浄力が強い反面、お肌に対する保護力に欠けます。
そのため肌に良いことを売りにしている製品は、 グリセリンや保湿剤を後から添加している場合があります。

2016/08/06